モビットは個人事業主もプライベート利用可能

モビットでは、審査対象に個人事業主や自営業など、サラ金の審査に通りにくいと言われる人の利用を可能と明記しています。個人事業主、フリーランスで仕事をする人は徐々にここ数年で増加しているそうですが、個人利用というのはどの範囲なのでしょう?


モビットの個人利用は仕事に関係のないお金

個人利用や、プライベート利用のみというのは、簡単に言うと、モビットで借りたお金を仕事に使わないというルールです。事業性ローンと言われるローン商品の場合、支払いなど仕事に関するお金に使うという目的で、ローン商品を利用することが許されていますが、このローンでは、支払いなど仕事に関するお金としての利用はできません、というものです。


総量規制対象に入っているもの

総量規制の年収3分の1までの借り入れを上限とするというルールでは、事業性ローンは法人名義となるため、ローン返済金額からは除外されますが、モビットの商品は、利用を個人的なものに限定しているため、規制の対象にキチンと入っています。他に個人名義で、サラ金からの借り入れがある場合は、その金額と年収によって借り入れ可能な額も変わるものとなりますので注意してください。事業性ローンの扱いはモビットでは行っていません。